浪花正宗TOP樽酒(酒樽)のご注文はこちら浪花正宗ができるまでお客様の声

日本酒酒蔵がこっそり教える本当に美味しい日本酒の選び方!これを見ないと損をする!大阪の日本酒酒蔵 浪花正宗

 日本酒ファンにさせるお酒

さて、前回は『二増酒』についてご説明しました。
今回では、それ以外の、
『本醸造酒』
『純米酒』
について、書いていきます。

 

■ 『本醸造酒』

こちらも、二増酒と同じように、醸造アルコールを足して作られます。
ただ、二増酒のように、味そのものが変化するような酸味料や糖類などは
使われません。
醸造アルコールの量も、二増酒のように大量には使用しません。

また、原料となるお米を「精白」します。
「精白」とは、お米の外側の部分を削ってしまうことです。
一般的には30%削って、70%の部分で造られます。

味は、キリリとした辛口になります。
主に食中酒として飲まれることが多いお酒です。

 

■ 『純米酒』

じつは、これこそが昔からの日本酒というべきもので、文字通り、
お米と米麹(麹菌を繁殖させた米)だけを原料として作られる日本酒です。

作り方をごく簡単に言うと、蒸した酒米に麹菌を繁殖させて、酵母を使って
発酵させるというものです。

詳しい作り方については、下のページに写真とイラスト付きで載せていますので、
ぜひご覧ください。
「地酒 浪花正宗ができるまで」

原材料の、水とお米は、どこの物なのか、どうやって作られているのか、
やっぱり気になりますよね。
ぜひこちらをご覧ください。
「原材料の、水と米」

浪花酒造では、純米酒の場合、お米を60%以下に削ってしまいます。
これを「精米度60%」といいます。
100キロあったお米が、精米後は60キロになってしまいます。

ところで、日本の法律で定められている基準では、
・精米度60%以下を吟醸酒
・50%以下を大吟醸酒
と、呼んでもいいことになっています。

じつは、浪花酒造の純米酒の精米度は、ほんとうは、1ランク上の吟醸酒と呼んでも良いほど、お米を精米しているのです。

そして、お米と米麹、そして水だけで作られる純米酒は、完全なる自然食です。

純米酒の味は濃厚で、口の中にお米のうま味が広がります。
ほんのりと甘味を含んだ芳香で、とても口当たりが良いです。
だから日本酒を飲みなれていない方でも抵抗なく飲めます。

皆さんが最初に口にした日本酒は、学生時代、安い居酒屋などで大学や会社の先輩たちに
イッキで飲まされた酒、たぶん「二増酒」に違いありません。

もし、最初に飲んだ酒が、純米酒や吟醸酒なら、かならず日本酒ファンに
なっていたことでしょう。


さて、次からが、いよいよ日本酒の真骨頂とも言える、吟醸酒に入ります。

1 / 2 / 3 / 4 / 5
Copyright(C)2001 浪花酒造有限会社RightsReserved.
このHPはリンクフリーです。下のバナーをお使いください。