新着情報

2021/04/01
by 成子 和弘

浪花酒造の新着情報公開

大手メーカーと地酒メーカーの違い

2021/04/01
by 成子 和弘

さて、今回は、大手メーカーと地酒メーカーの違いや、 日本酒の保存方法について、お話していきますね。

大手の日本酒メーカーと、地酒メーカー(浪花酒造)の違いは・・・ 地酒メーカーは、ほとんどが手作業で、お米やもろみと対話しながら造ります。

大手メーカーはコンピューター制御で造るので、一定の品質が保てますが、 やはり心がこもりにくいものがあります。

地酒メーカーは、人間の勘や経験を活かして酒造りを行なうため、 すべてをつかさどる杜氏の腕前が、きわめて重要なものになります。

浪花酒造の成子杜氏は、一級酒造技能士と、日本で一番取得の難しい南部杜氏資格を持っています。 全国新酒鑑評会でも4年連続金賞受賞の腕を持っています。

一般的に、手作業で行っている地酒のほうが値段が高いと思われがちですが、 じつはそうでもありません。

高いのは一部のプレミア付き有名地酒だけで、それ以外の地酒は 実は大手のお酒よりも安いほどです。 そのプレミア付き地酒も、人の手をわたっていくたびに値段が上がるだけで、 本来の販売価格は高いものではありません。

大手メーカーは機械で大量生産しますので、製造費は安いですが、 テレビなどの広告料が高く、それが製品価格に含まれているので、 それほど安くはできません。

■ 日本酒の保存方法は?

日本酒は、環境の変化にたいへん敏感です。 おそらくはワインよりも環境の変化に敏感です。

良い日本酒専門店などでは、日本酒は光が当たらないようにお店の一番奥で、 ライトを消した冷蔵庫に入れられたりしています。 これはもっとも良い保管方法だと言えるでしょう。

家で保管される場合も冷蔵庫が理想ですが、冷蔵庫に入らない場合は、 冷暗所に保管してください。

さて、ここまで数回にわたって、日本酒についてお話してきました。 いかがでしたか?

日本酒はイメージが悪い、長年そう思われてきたせいで、本当の日本酒について 知っていただく機会がなかなかありませんでした。

このページを通じて、本物の日本酒のおいしさについて、 少しでも皆様に伝えられることができたなら、とてもうれしく思います。

よろしければ、このページを他の人にもおすすめしてあげてください。

日本酒のイベントも増えてきて、日本酒を口にすることも多いかと思います。 ぜひ一度、本物の日本酒を味わってみてください。

あなたの日本酒に対する価値観が変わり、日本酒ファンになってくださることを確信しています。

最後までこのメールマガジンをお読み頂き、本当にありがとうございました。

これからも、手作りの伝統を守り続け、おいしさだけでなく 「心を満たす豊かな酒」を提供してゆきたいと願っています。

浪花酒造   代表取締役 成子和弘

【初投稿】祝!新装ホームページオープン!!

2021/04/01
by 成子 和弘

皆様、大変長らくお待たせ致しました。
本日、2021/4/1にホームページを一新し、新たにオープン致しました。
スマートフォン版に対応し、ご要望の多かったクレジットカード決済を備えたサイトとなりました。

わかりやすく、使いやすいサイトを目指し、今日まで作り上げてきました。万全を期して作成したつもりですが、ご不便な点等あれば遠慮なくおっしゃってください。

また、このサイトオープンと同時に、浪花酒造の新商品、古代米 Retro Porice(720ml,300ml)ができました。詳細は本商品をご覧ください。
概要だけ申し上げると、2020年6月に葛城修験が日本遺産に登録され、その記念として、浪花酒造が阪南市商工会とタッグを組み、阪南市で栽培されている古代米を用いて日本酒を作りました。
古代米の特徴である赤色が、日本酒にも仄かについており、見た目にも美しい日本酒となっております。味は甘酸っぱく、食前酒や乾杯酒として最適です。

これからもできるだけブログを投稿していきたいと思っておりますので、楽しみにしていて下さい。